“A contemporary artist’s cycling journey, north to south, in Japan in search of communication.”

ABSTRACT

In the 17th century Japanese poet Basho set out on foot across the country, composing haiku as nature and humanity along his path inspired and provoked him. During his Bridge Me Japan project, Argentinian born, Miami-Beach based contemporary artist Gabriel Delponte will traverse Japan by bicycle, embracing ancient and modern technological methods of communication and collapsing barriers between seemingly isolated and drifting cultural systems. Through interactions with inhabitants, Delponte will serve as a courier of information from place to place and from generation to generation. The Bridge Me Japan project will allow a global audience to communicate with Delponte online through an interactive website. Bridge Me Japan will culminate in a documentary film about transference and cultural communication.

WHERE

Starting from the city of Fujisawa, Japan, Delponte will commence his Bridge Me Japan journey to isolated northern islands of Etorofu-to. this Island also call South Kuril Islands where Japanese people have lived for generations despite the Russian Federation being granted sovereignty after World War II. 

These islands and three others, Kunashiri-to, Shikotan-to, and Habomai-shoto are known in Japan as the Northern Territories and are accessed through Russia. Once visiting through these islands, Delponte will then continue the journey across the Japanese archipelago,through the four largest islands of Japan, Hokkaido, Honshu, Shikoku and Kyushu, to the southernmost island chain of the Ryukyu Islands, including Okinawa.

 

The Symbol of the Peace City of Fujisawa.

Fujisawa makes much of Peace and International Exchanges. In June 1982, Fujisawa made a Declaration for Peace and the Abolition of Nuclear Weapons, which was based on the citizen’s desire for peace. In addition, Fujisawa started a sister-city relationship and cultural exchange  with Miami Beach, Florida, U.S.A. in 1959. 

WHEN

Delponte’s travels in the Bridge Me Japan project will take place during a one-year period, with commencement targeted for July 2014.


WHAT

In addition to Delponte’s face-to-face interactions, Bridge Me Japan project includes others communication elements: Art, the “Letter Project”, an interactive website, and a documentary film.

 

THE LETTER PROJECT

During his journey, Delponte will solicit hand-written letters from individuals to be read to individuals in different generations at subsequent stops. These hand-written letters will evoke a timeless communication strategy at its most basic, but with a special theme: to encourage communications between generations. Delponte will act as a courier as did the “Hikyaku”, the messengers for centuries in Japan. The Letter Project has a capacity to transcend the complex barriers built between generations with the rise of electronic communications technologies, which have served to isolate older generations.


ONLINE INTERACTION

The Bridge Me Japan website will function as a site for the Online Openhouse Communicator (OOC) by way of an interactive media journal with free access, Functioning as an interactive website, the OOC will have the capacity to connect individuals along the way and building a constant flow of interactive communications and a new online community. At this site, the experience of the trip will be manifested via daily uploading in a section call-Highlight today. A trip journal, including facts about the particular places of each stop and imagery of the landscape and its people. the website include,  open forums for comments, interactive map- building and a platform for haiku and poetry. The site will revolve around the following areas of activation: Letter Project, Open House Communicator (real time online forum), Stop Time Capsule, New Routes and Mapping and the Documentary Film.

The site will act as a funnel for communications. Ideas will be filtered and organised through a structure to promote and enhance communications.


DOCUMENTARY FILM

Bridge Me Japan will be documented with video and Delponte’s narration. After the trip, the footage will be edited into a documentary film and also

for video installation developing a narrative about transference and cultural communication.


HOW


STOP TIME CAPSULE TRAILER: Semi.(cicada)

For Bridge Me Japan, Delponte has designed and will build an ultra light-weight solar energy efficient trailer that will be attached to his bicycle. This specialised design includes customised solar panels that allow for recharging of audio-visual equipment to make the artist energy independent. 

 

The trailer is representative of a time capsule, a gathering site for information and material about a particular moment of history. Though supporting various sophisticated technological communication devices,

and the necessary gear for the trip.

The trailer is bound to Delponte and his travel by simple construction, pulled behind a fully manual mode of transportation, the bicycle.

The trailer will bear the Japanese symbol for Peace.

Bridge Me Japan will explore how and what kinds of communication and interaction are essential for survival and efficiency in the context of being exposed on the road for one year as a courier, exposing basic truths about human interaction as inspiration source.


WHY

Motivation for the project is center around three major areas: Communication, Adaptation, and Evolution.


COMMUNICATION

Contemporary society is more dependent and accessible to communication than ever before due to the development of digital technologies. Yet on many levels, this medium is broken by new unexpected barriers, leading to a desire to return to basic structures and ancient methods of communication.

Reacting to an urgent issue in contemporary Japanese society, Bridge Me Japan attempts to create links between dramatically widening gaps of relativity and cultural mores between generations, gaps that are created by both rapid development of technological communication strategies and a major diaspora of Japanese youth crowding urban center and emptying the rural regions.

Beginning with inter-personal communication, Bridge Me Japan builds bridges of communication through interactive social media in real time, and finally through the wider distributive structure of the documentary film.

ADAPTATION

Bridge Me Japan attempts to serve as a means to reach a level where the communication with environment becomes crucial in order to survive, adapt and transition between the most basic to the most sophisticated communication strategies practiced today.

This phase of the project also considers ancient and modern strategies of adaptation distinct to human experience, where cultural, mental and social environments may pose a greater challenge to adaptation than to a change in physical environment.

EVOLUTION

This phase of the project considers the possibility of a re-structured community and methods of globalised communication that are able to transcend national, generational, cultural, language based, and geographical borders.

As a bridge between cultures, generations, and methods of communication, Bridge Me Japan contributes to a salient understanding of what it is to exist 

in contemporary society today.

 

This three pillars  (adaptation, communication, evolution ) can not be one with out the other. 


PROJECT PRESENTED BY:

Device, image, behaviour, performance, sculpture, music, architecture, writing, interactive networks…


PROJECT SUPPORT AND FUNDING

The initial support for the Bridge Me Japan project has come from the efforts of Mr. Delponte and from other individuals who have donated their time and talents to assist him in his development of the project along with the kind sponsor from companies with material/gear and the needed technology, to develop necessary custom gear and for the filming and sound equipment. 

Future funding as well as in-kind contributions will be sought from individuals, companies and foundations. Contributions will also be accepted online at the Bridge Me Japan website.

                            ブリッジミー

    ジャパン

 

コンテンポラリーアーティスト、ガブリエル・デルポンテ

自転車で日本発見の旅

コミュニケーションを求めて日本縦断

 

概要

 

17世紀に芭蕉は日本を徒歩で旅をし、道中で感銘を受けた風景や人間性を題材に俳句を詠みました。ガブリエル・デルポンテはアルゼンチン生まれで、現在マイアミビーチで芸術活動をしていますが、芭蕉の素朴な旅に心を打たれ、「ブリッジ・ミー・ジャパン」というプロジェクトで芭蕉と同じように自然と人に触れ、それを現代のコミュニケーション手段を使って世界に発信します。日本の田舎や山岳地帯、孤島などの生活や文化は世界にはあまり知られていない上、とてもかけ離れた文化と思われがちですが、本当にそうなのか、人間対人間のコミュニケーションを通じて、新しい発見があることを大いに期待して、1、2年かけて旅をします。

世代の違いにも興味があり、若い世代から高齢者まで網羅し、飛脚のように、一箇所から発信されたメッセージを次の場所の全く異なる世代の人へメッセージを運ぶこともプロジェクトの一環です。

定期的に旅で得た経験や日本の姿をインターネットで世界に発信し、世界各地の人からの質問やコメントを受け取り、世界とのコミュニケーションを図ります。

そしてこれらを最終的にはドキュメンタリーとして制作します。

 

どこから、どこへ

出発点は神奈川県藤沢市です。ガブリエルが住んでいるマイアミビーチと藤沢市は姉妹都市で、65年間親密な姉妹関係を結んでいることから、出発点を藤沢市にしました。

藤沢市を出発、北へ向かい、多くの日本人が暮らしていた択捉島へ渡り、国後島、色丹島、歯舞諸島を探索します。戦後ロシアの統治下になりましたが、多くの日本人が長い間住み親しんだところなので、旅の一環としました。

それから北海道から本州、四国、九州、そして南端の沖縄、琉球諸島をめぐります。

藤沢を出発点としたもう一つの理由は、1982年6月に藤沢市は平和宣言・核兵器廃絶宣言をし、市民の平和に対する思いを実現したからです。

 

出発日:2014年9月5日9時

藤沢市役所新庁舎前

当日は藤沢市長、市議会議長、都市親善協会会長、湘南マイアミビーチ親善協会会長を筆頭に、藤沢市のサポーターの人たち、ブリッジミージャパン スポンサー、後援者が参加します。

 

具体的な活動

特製の自転車はガブリエルがデザイン、制作した荷台(トレーラー)に太陽光発電装置をつけ、コンピュータ、その他先端的機器を装備してあり、行く先々でいわば自立できるようになっています。この装置を使い、インターネット、ドキュメンタリー制作をします。

行く先々でいろいろな人に会い、話を聞き、それを整理し、感想も入れ編集したものを世界に発信する仕掛けです。

 

飛脚プロジェクト

 

ガブリエルは旅先で出会う人に、次の目的地で違う世代の個人が読むことになる手書きの手紙を書くようにお願いします。この手書きの手紙は,最も基本的で時代を超えたコミュニケーション方法を生み出します。飛脚が日本で何百年にも渡ってメッセンジャーの役割を果たしたように、飛脚の役を担います。このレタープロジェクトは年配層の孤立の原因となった電子によるコミュニケーションテクノロジーの進歩による世代間のコミュニケーションの障壁を取り除くことになります。

 

オンライン交流

 

ブリッジ・ミー・ジャパンのウェブサイトは対話式のメディアジャーナルによってOnline Open House Communicator (OOC)として機能します。交流ウェブサイトとして機能することによって、”OOC”は旅の道中、人を繋ぎ、絶え間ない相互会話の流れを促し,新しいオンラインコミュニティを創造することでしょう。

 

旅行中の経験は、行き先の其々の場所/風景/人々のイメージについての記述などの、デルポンテによるジャーナルの日々のアップロードによって共有されます。

 

このサイトはレタープロジェクト、オープンハウスコミュニケイター

(リアルタイムオンラインフォーラム)、ストップタイムカプセル、縄文ルート、マッピング、ドキュメンタリーフィルムと同時進行で展開していきます。このサイトでは、コミュニケーションを促進し、また強化するための構造を通して、アイデアがフィルーターされ,まとまっていくのです。

 

ドキュメンタリーフィルム

 

ブリッジ・ミー・ジャパンはデルポンテのナレーイションとともに、ビデオに撮影されます。旅の後で,心理的変化や文化コミュニケーションの物語として発展し、その道筋は90分毎の10エピソードとしてまとめる計画です。

 

トレイラー

 

トレイラーは歴史上のある一時期についての情報やマテリアルを収拾する場所であり,タイムカプセルに相当するものです。様々な洗練されたコミュニケーション装置をサポートする事を通して、このトレイラーは、テクノロジーとは相反する手動な自転車という乗り物に引かれながら、デルポンテや彼の旅と結びついていく事でしょう。

 

トレイラーには日本の平和のシンボルが付いています。

 

なぜ?
プロジェクトの目的は三つの主要なエリア(コミュニケーション/適応/進化)から成り立っています。

 

コミュニケーション

 

デジタルテクノロジーのおかげで現代社会は過去に例のないほどコミュニケーションに依存し,また同時にコミュニケーションへのアクセスが可能となりました。しかし,多くの段階でこの媒体は新しい予期しない障壁を取り除いたにも関わらず、基本的な構造や古来のコミュニケーション方法へと帰化しようという傾向があります。

 

現代の日本社会に置ける緊急事態に対応して、ブリッジ・ミー・ジャパンは劇的に広がった希薄性、世代間の文化的な慣習の差等のギャップを埋め、リンクを生み出そうという試みなのです。それらのギャップはもの凄い速さで進むテクノロジーによるコミュニケーションの発展と日本の若年層の都市への移動、地域社会の過疎化により生み出されたものなのです。

 

個人間のコミュニケーションに始まり,ブリッジ・ミー・ジャパンは同時進行で進む対話型のソーシャルメディアを通じ、最終的にはドキュメンタリーフィルムという形式によって広大な普及構造を通じブリッジ(橋)を構築するのです。

 

適応

 

ブリッジ・ミー・ジャパンは、生き残りや適応のために、また最も基本的なものから、現在慣習となった最も洗練されたコミュニケーション戦略の間のトランジッションのために、環境に適したコミュニケーションが重要となるレベルに達するための方法としての役割を果たすことを試みます。

 

このプロジェクトにおいて、古代のまたは現代の文化/社会環境が適応の際、物理的な環境の変化よりもさらに多大なチャレンジを意味する場所で起きてきた、人類の経験への適応方法を考えていきます。

 

発展

 

このプロジェクトにおいて,コミュニティの再構築と、さらに国家、世代、文化、言語,国境を超えた世界規模のコミュニケーション方法の可能性を考えていきます。

 

文化,世代,コミュニケーション方法の間の橋渡しとなることによってブリッジ・ミー・ジャパンは現代社会においての存在とは何かを理解することに貢献します。

 

プロジェクトサポートと基金

 

ブリッジ・ミー・ジャパンのイニシャルサポートはガブリエル・デルポンテ自身と、このプロジェクトの発展のため彼を援助し協力を惜しまない個人の努力に由来するものなのです。今後のあらゆる基金を個人、会社法人、または財団法人から御願いします。寄付はブリッジ・ミー・ジャパンのウェブサイト上で受け付けています。

 

下を向かずに空を見上げましょう。

 

 

 

 

 

 

ブリッジ・ミー・ジャパンインフォメイション

 

 

 

 

 

今日のハイライト

 

ガブリエル・デルポンテの日本縦断プログレス/デイリーアップデイトを読みましょう。ストーリーの一部になった人達の写真やビデオの他に観察/体験記録をブラウズしてみましょう。

 

 

 
縄文ルート

 

ガブリエルのリアルタイムトリップを追跡してみましょう。まず、北方の千島列島(日本とロシアの間で今も論争が尚継続し、経済的な発展の見通しがないにもかかわらず自然の美しさが保護されている場所)から始まります。

台湾や中国本土からたった650キロしか離れていない最南端の島、沖縄に向かう赤のラインで印された場所に注目してみてみましょう。

 

レタープロジェクト/飛脚

 

ガブリエルは見知らぬ人々の手書きのレターを運んでいます。目的は、北と南、若い世代と年長者、普段の生活では関わりを持つこともないはずの人達を結びつけるためなのです。このコミュニケーションは年代、地理的な格差を超えたストーリーを創造します。

 

ギアー

 

ガブリエルの自転車、カメラ、キャンピングギア(旅行のため、生活のため、そしてこの旅をドキュメントするために使っているもの)をみてみましょう。

彼のカスタムメイドのトレイラーは太陽発電を備えており、旅行中に必要な電力を賄います。

 

オープンハウスコミュニケイター

 

この空間で自由にガブリエルや他の人々と会話をしましょう。様々なポスト、ディベートを通して交流しましょう。

 

 

 

 

地図

 

若い世代の人達が、日本の田舎を離れ大都市に移動するに従って,町が縮小化し学校が放置されることになりました。ガブリエルは、日本人に、放置され使われていないビルを将来、クリエイティブに使用することができるようにと、空いている建物の所在を地図に記していきます。

 

 

俳諧の連歌/ポエトリー

俳諧の連歌 575詩人

俳諧の連歌とは古代のオープンフォ−ムポエトリーを介した日本のコミュニケーションアートなのです。オリジナルの詩,または,探求/関わりがテーマのよく知られている作品例を使って参加してみましょう。会話を続けるために、気に入ったものに投票したり、コメントしたりしてみましょう。

 

 

栄養

 

ガブリエルの経験を、彼が道中で発見した、あるいは用意したレシピを御自身のキッチンで体験してみましょう。彼は一年のあいだ、伝統的な日本の食べ物や新しい傾向の食べ物を紹介していきます。

 

 

サポート

 

 

皆様の寄付が今年の芸術活動と冒険のサポートとなります。

ガブリエルは反論ではなく、提案しているのです。

このアートプロジェクトの趣旨は、人間の触れ合いや心配りの大切さに配慮することによってコミュニケーションの進化、適応の術を見つけていこうというものなのです。

 

このアイデアが、実在の人々との毎日の触れ合いを失わずに、それぞれの身近に居る人を大切にし、理解し合うことを広め、そしてまた私たちに時代や民族を超えた関わりを発展させ、新しい関係を築く機会を提供することになると信じています。
このプロジェクトは発明品、イメージ、行動、パフォーマンス、彫刻、音楽、建築、言葉、交流、ネットワークによって伝えられます。

Philip Levine Mayor of Miami Beach letter.

Philip Levine Mayor of Miami Beach letter.